【速報】エヴァ庵野監督、古巣ガイナックスを提訴する




kikka_1202_eva005.jpg
大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や映画「シン・ゴジラ」で監督を務める
庵野(あんの)秀明氏が経営するアニメ制作会社「カラー」(東京都杉並区)が、
かつて庵野氏が在籍し、エヴァンゲリオンなどの制作に関わったアニメ制作会社
「ガイナックス」(武蔵野市)に対し、借入金約1億円の支払いを求める訴訟を
東京地裁立川支部に起こしていたことが分かった。ガイナックスの経営難に伴う
資金繰り悪化が背景とみられる。
 ガイナックスの山賀博之社長と庵野氏は大学時代からの友人。1984年の
同社設立には庵野氏も関わり、2007年の退社後も協力関係が続いていた。
 訴状などによると、両社は、庵野氏が手掛けた作品の商品化でガイナックスが
収入を得た場合、一定の使用料(ロイヤルティー)をカラーが受け取る契約を結んでいた。
しかし、ガイナックスにカラーに対する多額の債務が発生。カラーは14年8月、
1億円を別途貸し付けるなどしたものの、返済が滞ったため、残金約1億円の支払いを
求めて提訴した。
 取材に対し、ガイナックスの担当者は「係争中のため、対応できない」とし、
カラー側の弁護士は「係争中のため、詳細についてのコメントは差し控える」と
回答している。
 民間信用調査会社によると、ガイナックスは1990年代に社会現象になった
エヴァンゲリオン以降は大きなヒットに恵まれず経営が低迷。16年7月期の収入は
約2億4000万円で、5年前の10分の1となり、約1億円の債務超過に陥っていた。【蒔田備憲】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000009-mai-soci

続きを読む


津田美波さんと白石涼子さんのコンビ悪くないな

ゲーム開発者「日本人はほとんどプレイしないくせにレビューが辛口すぎてやってられない」

【冬コミも参戦】劇場版「魔法少女リリカルなのは Reflection」キャスト・スタッフ発表! 監督は草川ではなく浜名孝行! ゲームキャラも登場する模様

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。